« 私は「ミズバショウの種」 | Start | Your Song »

丹波哲郎さん死去。

昭和の俳優「丹波哲郎」さんが、この世からろうそくを消していきました。

私の中での丹波哲郎さんといえば…やはり Gメン'75 のボスのイメージがあります。
若林豪さんが好きでした (^_^;) でも、よく考えてみると… '75 をリアルタイムで見ているとは考えられないので、きっと再放送か '82 で夢中になっていたのだと思われます。ここ最近は "あの世" とのかけひきをしていたことで知られている丹波さん、あちらの方に呼ばれたのでしょう。もう、この世での修行は終わったんだと…。

そんな日に、意味もなく " Candle In The Wind " の入った Elton John のアルバムを買ってしまいました…。

どうぞ、丹波さん、この世で沢山お仕事をした分、ゆっくりお休みください。

■[訃報]丹波哲郎さん84歳=俳優 「Gメン75」など出演
 映画「砂の器」やテレビドラマ「キイハンター」などで知られる俳優の丹波哲郎(たんば・てつろう、本名・正三郎=しょうざぶろう)さんが、24日午後11時27分、肺炎のため亡くなった。84歳だった。

 告別式は30日正午から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。連絡先は杉並区西荻北4の6の2の丹波哲郎オフィス。喪主は長男で俳優の義隆(よしたか)氏。

 中央大学卒業後、新東宝に入社し、1952年にギャング映画「殺人容疑者」でデビュー。長身と彫りの深い顔で悪役として注目され、61年の今村昌平監督「豚と軍艦」のやくざ役で存在感を示した。

 その後も、篠田正浩監督「暗殺」、小林正樹監督「怪談」、佐藤純弥監督「組織暴力」など時代劇から現代劇まで幅広く活躍。中でも74年の野村芳太郎監督「砂の器」では、事件を解明していく人間味豊かな刑事役を好演した。最近では2000年の山田洋次監督「十五才・学校(4)」の老人役で演技派ぶりを発揮。豪快な中にもどこかとぼけた味のある演技が絶妙だった。

 また、大学在学中にGHQ(連合国軍総司令部)の通訳を務めたほどの語学力を生かして、「第七の暁」「007は二度死ぬ」など外国映画にも出演した。

 一方、テレビ草創期からドラマにも精力的に出演。時代劇の「三匹の侍」や、アクションシリーズの「キイハンター」「Gメン75」などで親しまれた。

 死後の世界にも興味を持ち、多くの著作があるほか、89年には映画「丹波哲郎の大霊界・死んだらどうなる」を製作、出演した。昨年2月に体調を崩して入院。同7月に都内で行われた「砂の器 デジタルリマスター版」の上映会に出席したが、すっかりやせた姿に観客からも体調を心配する声が上がっていた。

(2006年9月25日22時9分  読売新聞)

|

« 私は「ミズバショウの種」 | Start | Your Song »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽に感謝!」カテゴリの記事

ココロが動くニュース」カテゴリの記事

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 丹波哲郎さん死去。:

» 丹波哲郎さん死去 [のどもと過ぎれば熱さ忘れる]
丹波哲郎さんがなくなった。 Gメン75、砂の器、ホテルなどなどテレビや映画・・・芸能界にいることが当たり前のような人でした。ご冥福をお祈り申し上げます。 丹波哲郎さん死去 [mehr]

verlinkt am: September 26, 2006 05:55 vorm.

» 映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。 [映画 DVD 気ままなブログ]
日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。 [mehr]

verlinkt am: September 26, 2006 10:49 nachm.

» キイハンター [気ニナルコトバ]
『キイハンター』は、TBS系列で1968年4月から1973年4月まで放送された人気推理アクションドラマです。全262回。そのコンセプトは少し形を変えて『Gメン'75』に引き継がれました。丹波哲郎演じる黒木鉄也を中心とする国際警察の特別室(室長は仲谷昇演じる村岡だがたまにしか出ない)のメンバーが様々な事件の解決に取り組むもので、当初はスパイアクション的な路線を指向していたようであるが、次第�... [mehr]

verlinkt am: Oktober 02, 2006 07:00 nachm.

« 私は「ミズバショウの種」 | Start | Your Song »