« 参加したかった(BlogPet) | Start | 目からうろこな授業。 »

Luciano Pavarotti

グーグルニュースを見ていたら、再びパヴァロッティの具合が悪化していることが記事になっていました。

[名テノール歌手パバロッティ氏の容体が悪化] 
               AFPPB News

【9月6日 AFP】(一部追加)イタリアのニュース専門チャンネルSky TG 24およびAGI通信は5日、すい臓がんで闘病中のイタリア人テノール歌手ルチアーノ・パバロッティ(Luciano Pavarotti、71)氏の容体が悪化していると報じた。

 Sky TG 24は、「ルチアーノ・パバロッティ氏の容態が悪化した」と伝えたものの、詳細については述べていない。

 AGI通信は、同氏が「自宅で重体となっており、モデナ(Modena)の病院から駆けつけたガン専門医の手当てを受けている」と伝えた。

 パバロッティ氏は8月8日、発熱のため同国北部モデナの病院に入院。8月25日に診断検査を終え、退院したばかりだった。

 同氏は、現代を代表する名テノール歌手のひとり。2006年7月にすい臓がんの手術を受けた後、少なくとも5回の化学療法を受けている。

■当代きっての名テノール歌手として、国際舞台で活動

 パバロッティが初めて世界の注目を集めたのは、1961年にある大会で優勝したときだった。これをきっかけに、レッジョ・ネレミリア(Reggio Emilia)で公演されたジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini)の『ラ・ボエーム(La Boheme)』でロドルフォ(Rodolphe)の役に抜擢された。

 その後、欧州全土で活動を展開。1965年2月には渡米し、フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)でジョーン・サザーランド(Joan Sutherland)と共にガエターノ・ドニゼッティ(Gaetano Donizetti)の『ルチア(Lucia di Lammermoor)』に出演した。

 テノール歌手として絶頂期を迎えたのは、1972年2月、ロンドンのコベントガーデン(Covent Garden)、およびニューヨークのメトロポリタン・オペラ(Metropolitan Opera)において、ドニゼッティの『連帯の娘(La Fille du Regiment)』でサザーランドと共演した頃とされている。

 オペラのみにとどまらず、ポップミュージシャンなどと、さまざまなライブコンサートにも出演。1991年には、チャールズ皇太子(Prince Charles)とダイアナ妃(Princess Diana)夫妻を含む観客15万人を前に、ロンドンのハイドパーク(Hyde Park)で歌声を披露した。

 1990年、イタリアで開催されたサッカーW杯では、パバロッティが歌うアリアの曲がテーマソングに選ばれ、さらに世界の注目を集めた。この時選ばれたのは、プッチーニのオペラ『トゥーランドット(Turandot)』の『誰も寝てはならぬ(Nessun Dorma)』。

 近年では、ホセ・カラーレス(Jose Carreras)、プラシド・ドミンゴ(Placido Domingo)と共に3大テノールとして活動するほか、モデナで例年『パバロッティと仲間たち(Pavarotti and Friends)』と題したチャリティー・コンサートを開催するなどしていた。(c)AFP

更にこんな記事を発見…。

Pavarotti zum Sterben nach Hause geschickt?

Startenor Luciano Pavarotti liegt möglicherweise im Sterben. Der an Krebs leidende Sänger wurde in "sehr ernstem Zustand" aus dem Krankenhaus nach Hause entlassen. Dort werde Pavarotti nun von Ärzten des Krankenhauses weiter gepflegt.

Der Zustand des italienischen Star-Tenors Luciano Pavarotti hat sich Medienberichten zufolge deutlich verschlechtert. Familienangehörige und Freunde seien in Pavarottis Haus zusammengekommen, um bei dem Sänger zu sein, berichtete der Fernsehsender E’ TV Antenna Uno am Mittwoch. Die Nieren des 71-Jährigen hätten versagt und er sei nicht mehr bei Bewusstsein.
Die Nachrichtenagentur AGI meldete unter Berufung auf nicht genannte Quellen, der Sänger sei in einem „sehr ernsten Zustand“. Er werde zu Hause von Krebsspezialisten versorgt. Eine Freundin Pavarottis sagte der Nachrichtenagentur Reuters ebenfalls, sie habe gehört, der Tenor sei in einem ernsten Zustand.

Pavarotti war Anfang August mit Fieber in ein Krankenhaus eingeliefert worden. Dort wurde er der Krebsabteilung behandelt, bis er am 25. August entlassen wurde. Ein Sprecher des Krankenhauses wollte am Mittwoch zu den Berichten nicht Stellung nehmen.
Im Juli 2006 war Pavarotti in New York wegen Bauchspeicheldrüsenkrebs operiert worden. Dies zwang ihn, seine Abschiedstournee abzusagen. Er zog sich in seine Villa in Modena zurück und wurde seitdem in der Öffentlichkeit nicht mehr gesehen. Der Italiener gilt als einer der besten Tenöre seiner Generation.

"zum sterben nach Hause" 私にだって分かる単語だ。
「家で死にたい。」自分の残りの命を知った時、そう思う人は、結構居ると思う。"zu" という前置詞を重く感じたのは今日が初めてかもしれない…。

|

« 参加したかった(BlogPet) | Start | 目からうろこな授業。 »

医療」カテゴリの記事

音楽に感謝!」カテゴリの記事

ココロが動くニュース」カテゴリの記事

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf Luciano Pavarotti:

« 参加したかった(BlogPet) | Start | 目からうろこな授業。 »